メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

米中貿易戦争=国家公務員共済組合連合会理事長・松元崇

 トランプ米大統領が、2000億ドル相当の中国製品に10%の追加関税をかける対中制裁関税第3弾を発動した。中国も、即座に対抗措置を発動し、かつての世界大恐慌時の貿易戦争を心配する声も聞かれる。ところが、米国の株式市場は堅調だ。米国経済が強いからだとの説明があるが、それよりは、世界大恐慌時と今日とでは、貿易をめぐる前提条件が異なるということがある。

 それは、当時は金本位制という固定相場制の下にあったのに対し、今日は変動相場制の下にあるということだ。固定相場制の下では、関税の引き上げ分はそのまま輸入価格上昇になる。それに対して、変動相場制の下では、関税をかけられる国の為替が安くなれば、その分が相殺されてしまう。現に、このところ、中国の人民元相場は弱含みで、米国の関税引き上げ分をかなり相殺している。

この記事は有料記事です。

残り362文字(全文713文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新たに5759人の感染確認 重症者972人、14日連続で過去最多

  2. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  3. 阪神大震災 命救う、今こそ 犠牲乳児抱いた中2の30分、看護師原点

  4. 菅首相、異例のステイホーム 就任後初めて宿舎から外出せず

  5. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです