メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

ボランティア、11万人確保へ熱いPR 組織委・都が募集開始「出会い、一生の宝」

大会ボランティアの活動分野

 2020年東京五輪・パラリンピックの大会ボランティア(8万人)の募集が26日午後、始まった。インターネットの特設サイト上から、応募フォームに入力して登録する。12月上旬まで受け付け、面接や研修を経て採用を決める。東京都も同日、都内の空港や駅で観光案内を務める「都市ボランティア」(3万人)の募集を開始した。【円谷美晶】

 同日は組織委と都の職員が都内3カ所で募集をPRするチラシを配った。競泳女子で五輪2大会に出場した組織委の伊藤華英・戦略広報課係長は「選手村や会場で、私の五輪への印象を作ってくれたのがボランティアだった。(五輪で)出会った人は一生の宝物」と応募を呼びかけた。

この記事は有料記事です。

残り464文字(全文753文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 立憲・辻元氏に脅迫文「殺してやる」 党本部に届く 警視庁に被害届

  2. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  3. ロンドン市長選候補「東京五輪代替開催の用意」 新型肺炎で中止を想定

  4. ORICON NEWS 『翔んで埼玉』監督が暴露「冗談で企画出したら通った」

  5. 東京マラソン 約7億円の参加料はなぜ返せないのか 新型肺炎で一般参加中止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです