メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
18歳のリスク

悪質商法 被害に遭いやすい状況は

 悪質な消費者被(ひ)害(がい)に遭(あ)う人は後を絶たない。なぜだまされてしまうのか。消費者庁は8月、若者の消費者被害の傾(けい)向(こう)を分(ぶん)析(せき)、だまされる心理的な要因をまとめた報告書を公表した。

 20代の男性は、中学時代の先(せん)輩(ぱい)から「もうかる仕事がある。すごい人がいるから会ってほしい」と呼び出され3人で会った。食事をして意気投合したところで、化(け)粧(しょう)品(ひん)販(はん)売(ばい)の話になり、「誰(だれ)かを紹(しょう)介(かい)して契(けい)約(やく)させれば数万円のマージンが入る」と説明された。契約料は数十万円。男性は「払(はら)えない」と言ったが、「決断するまで帰らない」などと押(お)し切(き)られて契約した。実は、勧(かん)誘(ゆう)側の2人は、事前にSNS(ソーシャ…

この記事は有料記事です。

残り549文字(全文914文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

  2. 渡辺邦夫・幸手市長が辞職へ 広島で暴行事件

  3. ラーメン注文で生ビール5杯サービス 一風堂がキャンペーン

  4. 投打で圧倒、星稜24年ぶり決勝に名乗り 奥川10K 中京学院大中京、二塁踏めず

  5. 高校野球 星稜の山瀬主将、履正社・野口との約束が実現「『決勝でやろうな』と話していた」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです