メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今どきサイエンス

プラスチックは警告する=鴨志田公男

 プラスチックという言葉を毎日のように見聞きするようになった。海洋汚染の心配から、ストローなど使い捨てプラスチックの削減に取り組む動きが広がっている。

 ウミガメや海鳥などが浮遊するプラスチックごみを誤ってのみ込み、時には死に至る被害を受けていることは、これまでも話題になってきた。

 だが、危機感がこれほど高まったのは、人間の健康にも影響を及ぼしかねないことが分かってきたからだろう。

 主犯は、マイクロプラスチック(MP)と呼ばれる大きさ5ミリ以下の微細なプラスチックだ。プラスチック…

この記事は有料記事です。

残り889文字(全文1130文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです