メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今どきサイエンス

プラスチックは警告する=鴨志田公男

 プラスチックという言葉を毎日のように見聞きするようになった。海洋汚染の心配から、ストローなど使い捨てプラスチックの削減に取り組む動きが広がっている。

 ウミガメや海鳥などが浮遊するプラスチックごみを誤ってのみ込み、時には死に至る被害を受けていることは、これまでも話題になってきた。

 だが、危機感がこれほど高まったのは、人間の健康にも影響を及ぼしかねないことが分かってきたからだろう。

 主犯は、マイクロプラスチック(MP)と呼ばれる大きさ5ミリ以下の微細なプラスチックだ。プラスチック…

この記事は有料記事です。

残り889文字(全文1130文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋ホテル女性遺体 埼玉の20代男子大学生を逮捕へ

  2. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  5. 原田前環境相 処理水海洋放出再び主張 政府小委を批判 AbemaTVで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです