メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月面探査

2021年、挑戦 日本ベンチャー「ispace」

月面着陸船(奥)と探査車(左手前)の実物大模型を紹介するispaceの袴田武史代表=東京都港区で2018年9月26日午後1時51分、酒造唯撮影

 宇宙ベンチャーのispace(アイスペース)は26日、独自開発の月面着陸船と探査車を米スペースX社のファルコン9ロケットで打ち上げると発表した。水などの資源を探査し、将来の月面開発に生かしたい考えだ。

 打ち上げは2回行う。1度目の2020年半ばは、月の軌道を着陸船に周回させ、着陸せずに上空から探査する。2度目の21年半ばは、別の着陸船を月面に降下させ、搭載する探査車を走らせる。

 着陸予定地の縦穴には氷がある可能性があり、ロケット燃料などへの活用が期待できる。既に開発した探査車…

この記事は有料記事です。

残り247文字(全文488文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  3. トルコがシリア・クルド人勢力との停戦に合意 米副大統領、明らかに

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです