日米

物品協定交渉入り合意 自動車追加関税は回避

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ニューヨーク中井正裕、高山祐】安倍晋三首相は26日(日本時間27日未明)、訪問先のニューヨークでトランプ米大統領と会談し、農産品や工業品の関税などを対象にする「日米物品貿易協定(TAG)」の締結に向けて、2国間交渉に入ることで合意した。両首脳は、米国が検討中の自動車・同部品に追加関税を課すなどの輸入制限について「交渉中は発動しない」ことでも一致した。

 安倍首相は会談後の記者会見で「双方の違いはお互いに尊重しながら、貿易を一層促進してウィンウィンの経済関係を作り上げていくことが必要だ」と述べた。トランプ氏も別の記者会見で「とても良いディール(取引)になると確信している」と今後の交渉に期待を示した。

この記事は有料記事です。

残り670文字(全文973文字)

あわせて読みたい

ニュース特集