山口市

外来ヤギ?出没 山で野生化「最近まで飼育か」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
鴻ノ峰の山頂近くを歩くヤギとみられる動物=山口市上宇野令で2018年9月24日、祝部幹雄撮影
鴻ノ峰の山頂近くを歩くヤギとみられる動物=山口市上宇野令で2018年9月24日、祝部幹雄撮影

「最近まで飼われていた模様」

 山口市の県庁西側の鴻ノ峰(338メートル)山頂近くに、茶色と白の独特の模様を持つヤギのような動物2頭が現れた。専門家は、欧州産のヤギ「トッケンブルグ種」との類似性を指摘しており、飼われていた雑種が逃げるか、捨てられた可能性があるとみている。

 記者がこの動物を目撃したのは24日午後4時15分ごろ。山頂近くの斜面から遊歩道に出て来た。推…

この記事は有料記事です。

残り274文字(全文456文字)

あわせて読みたい

ニュース特集