メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

共生施設

高齢者の住まい、障害者の働く場一つに 東京

1階が地域で暮らす障害者の仕事場、2階が高齢者らの共同住宅になっている「ウイズタイムハウス大泉学園」。一緒に昼食を作ることもあり、自然と会話も弾む=東京都練馬区で2018年7月9日午後0時1分、竹内紀臣撮影

 「生活に支援が必要な人の住まい」「障害を持った人の働く場」。両方の機能を併せ持つ施設が東京都練馬区大泉学園町でオープンし、国も「先駆的な取り組み」と注目している。【後藤豪】

 この施設は2階建てで、1階は障害者の就労支援作業所が入り、6月に稼働した。2階は5.5~10畳のワンルームの居室が全部で八つあり、5月にオープン。居室の家賃は月5万1000~8万円で、管理費や光熱費、消耗品代が月3万~3万7000円。これらの収入に加え、1階の賃料が施設の運営費になっている。

 入居者は、介護が必要な高齢者やひとり親家庭など「生活にサポートがあると暮らしやすくなる人」を想定し…

この記事は有料記事です。

残り578文字(全文862文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 武漢滞在の日本人にチャーター機準備へ 新型肺炎で政府

  2. 平幕の徳勝龍が初優勝 「幕尻」優勝は20年ぶり 千秋楽結びの一番も勝利

  3. 亡き2人にささげる初優勝 徳勝龍、恩師は近大時代の監督と北の湖

  4. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  5. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです