メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

共生施設

高齢者の住まい、障害者の働く場一つに 東京

1階が地域で暮らす障害者の仕事場、2階が高齢者らの共同住宅になっている「ウイズタイムハウス大泉学園」。一緒に昼食を作ることもあり、自然と会話も弾む=東京都練馬区で2018年7月9日午後0時1分、竹内紀臣撮影

 「生活に支援が必要な人の住まい」「障害を持った人の働く場」。両方の機能を併せ持つ施設が東京都練馬区大泉学園町でオープンし、国も「先駆的な取り組み」と注目している。【後藤豪】

 この施設は2階建てで、1階は障害者の就労支援作業所が入り、6月に稼働した。2階は5.5~10畳のワンルームの居室が全部で八つあり、5月にオープン。居室の家賃は月5万1000~8万円で、管理費や光熱費、消耗品代が月3万~3万7000円。これらの収入に加え、1階の賃料が施設の運営費になっている。

 入居者は、介護が必要な高齢者やひとり親家庭など「生活にサポートがあると暮らしやすくなる人」を想定している。施設全体と2階部分を管理・運営している一般社団法人「ウイズタイムハウス」(練馬区)の加藤木桜子代表(38)は「福祉制度に縛られない住まいを目指している」と語る。

この記事は有料記事です。

残り494文字(全文862文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嵐フェス2020」収録中の花火で神宮球場の試合中断 ジャニーズおわび

  2. 警視庁が20代男性を誤認逮捕 1人の証言をうのみ 33時間後に釈放

  3. サムスン電子の李健熙会長が死去 創業家2代目、世界的ブランドに育てる

  4. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  5. #排除する政治~学術会議問題を考える 学術会議への関心は「新政権のツッコミどころだから」 投稿炎上、西田亮介氏の真意は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです