メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イルカの赤ちゃん

人工授精で誕生 長崎・佐世保の水族館

ニーハ(右)とともに水中から顔を出す赤ちゃんイルカ=長崎県佐世保市鹿子前町の九十九島水族館「海きらら」で2018年9月27日午前8時52分、和田恭代撮影

 長崎県佐世保市の九十九島水族館「海きらら」で27日午前7時52分過ぎ、人工授精により妊娠していたバンドウイルカの「ニーハ」が出産した。イルカの人工繁殖は難しく、人工授精で出産に成功したのは国内4例目、九州の水族館では初めてとなる。

 ニーハは昨年5~6月、大分県の「つくみイルカ島」で自然繁殖に臨んだが妊娠に至らなかった。同9月に神戸市立須磨海浜水族園から提供された雄のバンドウイルカの精子で人工授精し、同12月に妊娠を確認していた。

 国際社会からの批判を受け、日本動物園水族館協会は2015年、和歌山県太地町での追い込み漁による野生イルカの入手を禁止した。太地町のイルカに頼ってきた国内の水族館は人工授精に力を入れて繁殖を目指しているが、これまでに成功したのは鴨川シーワールド(千葉県)の2例と、今年5月に生まれた名古屋港水族館(名古屋市)の計3例のみ。つくみイルカ島で先月生まれ、国内4例目と期待された赤ちゃんは死産だった。

この記事は有料記事です。

残り219文字(全文633文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  2. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. ファクトチェック 「生活保護の最低額は月額29万円」は不正確 実態は世帯ごとに異なる支給額

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです