菅官房長官

新たな外国人在留資格を検討 十数業種対象に

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 菅義偉官房長官は26日、東京都内で講演し、外国人労働者の受け入れ拡大のための新たな在留資格について、十数業種を対象に検討していく考えを示した。各省庁による業界へのヒアリングの結果として「外国人材がいなければ十数業種で事業に大きな支障が出る」と述べた。

 来年4月からの受け入れ開始を目指し、秋の臨時国…

この記事は有料記事です。

残り59文字(全文209文字)

あわせて読みたい

ニュース特集