メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

仏元首相

隣国スペインのバルセロナ市長選に出馬表明

スペインのバルセロナ市長選への立候補を表明したフランスのバルス元首相=バルセロナで2018年9月25日、AP

 【パリ賀有勇】フランスのマニュエル・バルス元首相(56)が25日、隣国スペイン北東部カタルーニャ自治州で来年5月に行われるバルセロナ市長選への出馬を表明した。フランスでの政治的影響力が低下する中、活路を見いだす狙いがあるとみられる。首相経験のある仏国民議会(下院)議員の、国をまたいだ極めて異例の「くら替え」が注目されている。

 バルス氏はバルセロナに生まれ、フランコ独裁政権を逃れた画家の父親に連れられフランスに移住し、198…

この記事は有料記事です。

残り562文字(全文776文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  3. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  4. ガンバレルーヤ・よしこさん 病気のため一時休養を発表
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです