米国

トランプ氏「グローバリズムを拒絶」国連演説で強調

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
国連総会で演説するトランプ米大統領=ニューヨークの国連本部で2018年9月25日、AP
国連総会で演説するトランプ米大統領=ニューヨークの国連本部で2018年9月25日、AP

 【ニューヨーク会川晴之】トランプ米大統領は25日、ニューヨークの国連本部での一般討論演説で、「我々はグローバリズムを拒絶し、愛国主義に基づき行動する」と述べた。持論である「米国第一主義」をさらに加速し、国際協調に背を向ける姿勢を明確に打ち出した。欧州や中東の首脳からは「多国間主義の崩壊を受け入れてはならない」(マクロン仏大統領)など反発する声が上がっている。

 トランプ氏は演説で、米国が6月に脱退した国連人権理事会について「組織改革が行われるまで復帰しない」と明言。米国が参加を拒否した国際刑事裁判所(ICC)に協力しないことも重ねて強調した。

この記事は有料記事です。

残り577文字(全文851文字)

あわせて読みたい

注目の特集