メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国連安保理

大量破壊兵器の不拡散を集中討議へ

トランプ大統領=AP

 【ニューヨーク國枝すみれ】国連安全保障理事会は26日午前(日本時間同日夜)、核兵器や化学兵器など大量破壊兵器の不拡散問題を集中討議する。9月の安保理議長国は米国で、トランプ大統領が初めて議長を務める。イランを敵視する姿勢を鮮明にするトランプ政権は、安保理の場を利用し、イランを強く批判するとみられる。イランは鋭く反発し、両国の根深い対立があらわになっている。

 米国は会合で、イランが弾道ミサイル開発やテロ支援、サイバー攻撃などに関与し、世界規模の「脅威」になっていると指摘。「安保理決議や国連憲章、国際法にも違反している」と主張するとみられる。

この記事は有料記事です。

残り557文字(全文830文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「存在しません」東京五輪ツイッター公式アカウント 規約抵触で 24日午後に復旧

  2. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  3. 岐阜県知事選 古田氏が5選 新人3氏を破る

  4. 「地域から協力金集めて慰安旅行」 幽霊消防団員巡り告発続々 地域社会にあつれき

  5. 菅首相、SNS活用を学ぶ 「曲解して伝わる仕組み」に強い関心

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです