沖縄知事選

台風24号影響か 一部地域で投票日くり上げ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 30日投開票の沖縄県知事選を前に、大型で非常に強い台風24号が沖縄地方に接近する恐れがあり、県選管は一部の地域で投票日を27日か28日に繰り上げることを決めた。自民、公明両党などが推薦する佐喜真淳(さきま・あつし)氏(54)と、保守の一部と革新が共闘する「オール沖縄」勢力が支援する玉城(たまき)デニー氏(58)の両陣営は選挙戦への影響を懸念している。

 投票が繰り上げられるのは竹富町などの離島や、海中道路が閉鎖され移動が困難になりそうな、うるま市の一部などの地域。離島では投票箱を開票所まで船で運ぶが、台風の接近で困難と判断。海上保安庁のヘリなどで開票所まで運ぶ調整をしている。

この記事は有料記事です。

残り486文字(全文777文字)

あわせて読みたい