ストラディヴァリウス展

名器21丁が六本木に 「キセキ」起こした33歳社長の信念

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ストラディバイウスを手にする中澤創太さん=東京都渋谷区で、西田佐保子撮影
ストラディバイウスを手にする中澤創太さん=東京都渋谷区で、西田佐保子撮影

 世界から21丁、推定総額210億円のストラディヴァリウスが集まる「ストラディヴァリウス 300年目のキセキ展」が、森アーツセンターギャラリー(東京都港区)で10月9日から15日まで開催される。「誰もが実現不可能だと言いました」。同フェスティバルの実行委員長で、弦楽器専門店「日本ヴァイオリン」の代表取締役社長、中澤創太さん(33)は、楽器の所有者からは門前払い、100件以上のスポンサーに断られながらも、「待ち伏せ作戦」を武器に世界中を飛び回り、企画してから5年目となる今年、実現にこぎ着けた。【西田佐保子】

この記事は有料記事です。

残り3391文字(全文3646文字)

あわせて読みたい

ニュース特集