メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストラディヴァリウス展

名器21丁が六本木に 「キセキ」起こした33歳社長の信念

ストラディバイウスを手にする中澤創太さん=東京都渋谷区で、西田佐保子撮影

 世界から21丁、推定総額210億円のストラディヴァリウスが集まる「ストラディヴァリウス 300年目のキセキ展」が、森アーツセンターギャラリー(東京都港区)で10月9日から15日まで開催される。「誰もが実現不可能だと言いました」。同フェスティバルの実行委員長で、弦楽器専門店「日本ヴァイオリン」の代表取締役社長、中澤創太さん(33)は、楽器の所有者からは門前払い、100件以上のスポンサーに断られながらも、「待ち伏せ作戦」を武器に世界中を飛び回り、企画してから5年目となる今年、実現にこぎ着けた。【西田佐保子】

この記事は有料記事です。

残り3391文字(全文3646文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  2. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  3. 上戸彩 娘とTikTokにハマり中 動画撮影にも挑戦
  4. フィギュアGP 羽生SP首位、世界最高得点で ロシア杯
  5. 質問なるほドリ 5Gどんな通信? 動画も超高速ダウンロード 自動運転支える=回答・森有正

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです