メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

小島さん陳述「苦しみ、なくならない」 障害者ら傍聴席に 札幌地裁

札幌地裁で開かれた第1回口頭弁論の法廷内(代表撮影)

 旧優生保護法(1948~96年)下の強制不妊手術は幸福追求権などを保障する憲法に反していたとして、19歳で手術されたという札幌市の小島喜久夫さん(77)が国に1100万円の慰謝料を求めた訴訟の第1回口頭弁論が28日、札幌地裁(岡山忠広裁判長)であった。

 国側は「不法行為への賠償制度を定めた国家賠償法がある」として、違憲性についての見解を示さないまま請求の棄却を求め、争う姿勢を示した。

 「57年間、手術を受けたことを誰にも言えず、一人で悩み苦しんできた。裁判で勝っても人生は戻らず、苦…

この記事は有料記事です。

残り637文字(全文881文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年金質問箱 Q 厚生年金加入条件、会社によって違う?=回答者・年金問題研究会代表 秋津和人
  2. 年金質問箱 Q 働いて厚生年金加入 受給額いくら減るか=回答者・年金問題研究会代表 秋津和人
  3. 仕事の現場 声優 野沢雅子さん 業界の先駆者 地位改善運動も
  4. WEB CARTOP ここまで課税するか! 多すぎる自動車関連の税金種類とその用途とは
  5. みんなの広場 万博開催、本当に必要なのか=マンション管理員・村山雅昭・76

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです