メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

小島さん陳述「苦しみ、なくならない」 障害者ら傍聴席に 札幌地裁

札幌地裁で開かれた第1回口頭弁論の法廷内(代表撮影)

 旧優生保護法(1948~96年)下の強制不妊手術は幸福追求権などを保障する憲法に反していたとして、19歳で手術されたという札幌市の小島喜久夫さん(77)が国に1100万円の慰謝料を求めた訴訟の第1回口頭弁論が28日、札幌地裁(岡山忠広裁判長)であった。

 国側は「不法行為への賠償制度を定めた国家賠償法がある」として、違憲性についての見解を示さないまま請求の棄却を求め、争う姿勢を示した。

 「57年間、手術を受けたことを誰にも言えず、一人で悩み苦しんできた。裁判で勝っても人生は戻らず、苦…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  2. 佳子さまがICU卒業 「充実した学生生活に感謝」
  3. 札幌で雪 冬に逆戻り 24日まで気温低く
  4. イチロー引退会見「野球が楽しかったのは94年まで」一問一答(その3)
  5. 佳子さま 「結婚は当人の気持ち重要。姉の希望かなう形に」 宮内記者会の質問回答全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです