メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 木々に囲まれた茨城県古河市の山川邸は1874年の建築という。いろりでいぶされた柱や梁(はり)は黒ずみ、豪農の家らしい威厳を残す。建物を案内してくれた県古民家再生協会の山中美登樹(みとき)さん(52)は「日本家屋独特の落ち着いた雰囲気がいい」と力を込めた。

 10年ほど空き家だったが、高齢の家主が「地域の宝にしてほしい」と建物の鑑定を協会に依頼。昨年亡くなる前…

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文450文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  3. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

  4. コロナワクチン一般接種5月ごろ開始 政府調整 16歳以上、無料の方針

  5. ベスト電器、企業として消滅へ ヤマダデンキが吸収合併 かつての家電業界トップ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです