メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊、関西初提訴へ 「一斉」3例目 聴覚障害者ら

 旧優生保護法(1948~96年)に基づき20代で不妊手術を強制されたとして、新たに宮城県の60代女性が28日、国に3300万円の損害賠償を求め仙台地裁に提訴した。「遺伝性精神薄弱」(当時の呼称)を理由にされたという。この日は神戸地裁に聴覚障害者4人、大阪地裁に1人もそれぞれ提訴する予定で、6月に次いで3例目となる今回の一斉提訴の原告は計6人。

 今年1月に知的障害のある宮城県の60代女性が初の提訴に踏み切って以降、旧法をめぐる国賠訴訟の原告は…

この記事は有料記事です。

残り1198文字(全文1421文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  2. 佳子さまがICU卒業 「充実した学生生活に感謝」
  3. 札幌で雪 冬に逆戻り 24日まで気温低く
  4. イチロー引退会見「野球が楽しかったのは94年まで」一問一答(その3)
  5. 佳子さま 「結婚は当人の気持ち重要。姉の希望かなう形に」 宮内記者会の質問回答全文

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです