メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

食物アレルギー

給食の献立チェックに一手 自動検出アプリ開発

 食物アレルギーのある子供を持つ親は、給食の献立のチェックが大変--。そんな負担を軽減し、誤食による事故を防げればと、福岡市の医師らが市立小学校の給食の献立から27種類のアレルギー原因物質(アレルゲン)を含む品目を自動検出するアプリを開発した。【末永麻裕】

 アプリは「スマイル給食リンクシステム」で、福岡市の医師やアレルギー患者らで作る「福岡食物アレルギーネットワーク」(代表世話人・柴田瑠美子医師)が作った。地域ごとに5パターンある市立小学校の毎月の献立情報が組み込まれており、アレルゲンを含む品目を自動検出する。

 利用者は学校や児童名、牛乳や卵など注意が必要な食材を登録。日付をクリックすると献立が表示され、アレ…

この記事は有料記事です。

残り522文字(全文830文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  2. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  3. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです