メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高島市政の行方

2018福岡市長選/下 自民市議団と距離置き8年 生みの親と深い溝 宿泊税で歩み寄りも…なおぎくしゃく

 「そんなばかな話があるか!」。8月23日夕、福岡市議会最大会派の自民党市議団の控室から市議たちの怒声が響いた。叱責されていたのは市の財政局長ら。市内の建設会社が廃業届を出したことを市に報告しないまま市発注工事を続けていた問題で、市による市議会への説明が遅れたことに不満が爆発した瞬間だった。ある自民市議は「執行部は市議会を何だと思っているのか」と批判する。

この記事は有料記事です。

残り864文字(全文1043文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東大阪で新成人ら20人クラスター 成人式後に会食の2グループ 新型コロナ

  2. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです