メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高島市政の行方

2018福岡市長選/下 自民市議団と距離置き8年 生みの親と深い溝 宿泊税で歩み寄りも…なおぎくしゃく

 「そんなばかな話があるか!」。8月23日夕、福岡市議会最大会派の自民党市議団の控室から市議たちの怒声が響いた。叱責されていたのは市の財政局長ら。市内の建設会社が廃業届を出したことを市に報告しないまま市発注工事を続けていた問題で、市による市議会への説明が遅れたことに不満が爆発した瞬間だった。ある自民市議は「執行部は市議会を何だと思っているのか」と批判する。

この記事は有料記事です。

残り864文字(全文1043文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  2. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  3. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  4. 阪急踏切でレール破断 上下線で徐行運転 大阪・摂津

  5. 電車の英語アナウンス、実はあの人…NHK「英語であそぼ」出演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです