競技用義足体験

障害者アスリート指導 高崎・中央小 /群馬

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 高崎市立中央小学校で27日、スポーツ競技用の義足を体験する授業があった。2020年東京五輪・パラリンピックに向けた教育プログラムで、5、6年生89人が参加した。

 障害者アスリートとの交流を通して、選手のすごさを実感してもらうとともに、心のバリアーをなくすことを目指し、住宅建材・設備機器大手のLIXIL(東京都)と義足製作会社が全…

この記事は有料記事です。

残り251文字(全文417文字)

あわせて読みたい

注目の特集