特集

秋季大会2021

2021年の秋季高校野球トップページです。

特集一覧

秋の高校野球

県大会 近江が八商降し4強 /滋賀

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 秋季近畿地区高校野球県大会(県高野連主催)は27日、大津市御陵町の皇子山球場で準々決勝1試合があった。今夏の甲子園に出場し、ベスト8入りを果たしたシード校の近江は投打がかみ合い、八幡商に8-2と快勝し、準決勝に駒を進めた。

 近江が福井県で30日から始まる国体の試合に出場し、試合日程が重なる可能性があったことから、27日に変更されていた。残りの準々決勝3試合は29日、皇子山球場で1試合、彦根市松原町の県立彦根球場で2試合を予定している。【諸隈美紗稀】

 ▽準々決勝

 ○…皇子山球場…○

近江  401200010=8

八幡商 110000000=2

 (近)林-有馬

 (八)奥田、堀-高田

▽二塁打 見市、安田、林(近)高田(八)

 近江が終始、試合をリードした。一回、打者一巡の猛攻で4点を先取。全体で6安打ながら8得点を挙げるなど、好機を着実にものにした。八幡商は一回、小椋の適時打で1点を返すも、中盤以降は打線が続かなかった。

【秋季大会2021】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする