メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

予防研修会

動物からの感染、注意 11月15日狩猟解禁控え 府内初、宇治で /京都

 「狩猟等における動物由来感染症の予防研修会」が27日、宇治市の府山城広域振興局であった。11月15日の狩猟解禁を前に、野生鳥獣に接触する機会の多い狩猟者を中心に現在確認されている感染症を紹介し、予防法や感染時の対応などについて注意喚起する催しで、府内では初の開催。約60人の市町村有害鳥獣捕獲班員や狩猟者らが熱心に耳を傾けた。

 最初に同局農林商工部企画調整室の片山達也副室長が、人間と野生動物の共存を目的とする鳥獣行政の概要や、府内では年間でシカが約2万3000頭、イノシシが約1万3000頭捕獲される状況を説明。「野生動物が人にとって重篤な感染症の病原体を持っている恐れがあり、捕獲の担い手確保、ジビエ利用などのため捕獲の際の衛生管理が必要」と強調した。

この記事は有料記事です。

残り114文字(全文443文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東日本大震災 大阪と被災地、続く交流 学校や伝承施設訪問 堺工科高定時制生徒ら /岩手

  2. 一緒に飲み明かした女性に「家に送って」と誘われ…男性を陥れた巧妙手口とは

  3. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  4. 学術会議任命拒否 「100%デマですやん」 ある日ウィキペディアに自分の名前が載ってしまったら…

  5. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです