メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

はい上がれスサノオ

バスケットボール B1再昇格へ/3 ストレングスコーチ 大塚健吾さん /島根

島根スサノオマジックの選手のトレーニングを指導する大塚健吾さん=松江市鹿島町佐陀本郷の鹿島総合体育館で、前田葵撮影

選手以上に自ら筋トレ

 今季、ライジングゼファー福岡(B1)から島根スサノオマジックに移籍した大塚健吾さん(34)。ストレングスコーチとして、筋力トレーニングや動作分析など、身体のパフォーマンス向上を担う。その信条は「でかく、速く、強く」だ。

 佐賀県出身で、バスケ歴は高校まで。専門学校と米国の大学で運動生理学を学んだ。高校生や聴覚障害者への体作りの指導を経験し、昨年はトルコで行われた聴覚障害者の国際スポーツ大会「デフリンピック」に同行。スサノオの若手はウエートトレーニングが足りないと感じている。

 大塚さんがスサノオの指導を始めて2カ月。練習前の入念なウオームアップやハードな走り込みに加え、練習…

この記事は有料記事です。

残り468文字(全文767文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 近鉄特急にはねられフィリピン女性死亡 東大阪・東花園駅

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  4. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  5. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです