メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日米首脳会談

関税交渉へ 車発動回避は当面 物品協定、協議合意 農産物、TPP水準「尊重」

 【ニューヨーク中井正裕、清水憲司】日米両政府は26日(日本時間27日未明)、ニューヨークで開いた首脳会談で、農産物や工業品の関税を相互に引き下げる「日米物品貿易協定(TAG)」の締結に向けて、2国間交渉に入ることで合意した。両首脳は、米国が検討する自動車・同部品の輸入制限について「交渉中は発動しない」ことを確認。また、日本の農林水産品関税引き下げについて、米側は「環太平洋パートナーシップ協定(TPP)の水準が最大限」とする日本側の主張を尊重する意向を示した。

 TAGは日米相互にモノの関税の撤廃・引き下げを行う協定。日本とオーストラリアやメキシコなど11カ国…

この記事は有料記事です。

残り948文字(全文1230文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 高校担任が女子生徒とキス 6年後にシール見つかり発覚 停職3カ月 新潟県教委
  2. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  3. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  4. 「応援大使」田口淳之介容疑者逮捕 熊本市「絶句」
  5. ORICON NEWS 新婚夫・廣瀬智紀に“二股”報道 川栄李奈「本人にしかわかりません」「今後頑張りましょうか」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです