メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
日米首脳会談

関税交渉へ 車発動回避は当面 物品協定、協議合意 農産物、TPP水準「尊重」

 【ニューヨーク中井正裕、清水憲司】日米両政府は26日(日本時間27日未明)、ニューヨークで開いた首脳会談で、農産物や工業品の関税を相互に引き下げる「日米物品貿易協定(TAG)」の締結に向けて、2国間交渉に入ることで合意した。両首脳は、米国が検討する自動車・同部品の輸入制限について「交渉中は発動しない」ことを確認。また、日本の農林水産品関税引き下げについて、米側は「環太平洋パートナーシップ協定(TPP)の水準が最大限」とする日本側の主張を尊重する意向を示した。

 TAGは日米相互にモノの関税の撤廃・引き下げを行う協定。日本とオーストラリアやメキシコなど11カ国…

この記事は有料記事です。

残り948文字(全文1230文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「痴漢防止ハンコ」販売 抑止狙い、シヤチハタが開発

  2. ヒグマ駆除に道外中心批判200件 札幌市対応に苦慮

  3. ORICON NEWS [コミケ96]盗撮にセクハラ…コスプレイヤーとカメコ間のトラブルとは? 対処法を弁護士に聞く

  4. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  5. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです