メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

関税交渉 日本、押し込まれ 事実上のFTA 米は車輸入制限放棄せず

 日本政府は26日(日本時間27日未明)、米国との首脳会談で自動車・同部品の追加関税発動を回避するため、トランプ米政権が強く求めた2国間の通商交渉入りを決めた。今後、農産品や工業品の関税などを対象とする「日米物品貿易協定(TAG)」の協議を始めるが、米国は自動車の輸入制限発動という「カード」を握っているだけに、交渉次第で日本は一方的な譲歩を迫られる懸念もあり、依然として楽観できない状況にある。

 「満足できる結論が得られると確信している。もしそうならなかったら……」。首脳会談冒頭、トランプ大統領は言葉を止めると安倍晋三首相の顔をのぞき込んだ。苦笑する安倍首相。日米の立場を象徴する場面だ。

この記事は有料記事です。

残り1855文字(全文2151文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相「東京オリンピックはコロナに打ち勝った証しに」と決意 施政方針演説

  2. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  3. 山口・宇部の病院で70人のクラスター 入院患者と職員

  4. 「東京オリンピック、中止の可能性」NYタイムズ報道 コロナ感染拡大で

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです