メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成という時代

第2部 この場所/4 渋谷・スクランブル交差点 多様性あふれる文化の発信地 育児・仕事、私が決める

スクランブル交差点に立つ土屋絵美さん。女子高生の頃から何度もここを歩いた=東京・渋谷で12日、根岸基弘撮影

安室さんに憧れ、生き方模索

 彼女が歌い出した途端、我慢していた涙が止まらなくなった。今年3月、安室奈美恵さん(41)の最後のアジアツアーがあった中国・深セン(しんせん)。土屋絵美さん(36)は9年ぶりに家事と育児、仕事を1日半休み、東京・渋谷から駆け付けた。国内のライブはチケットが手に入らなかった。デビュー間もない25年前からずっと「常に少し先を行くお姉さん」のように感じてきた。ダンスやファッションだけでなく、子育てしながら格好良く働く姿に憧れた。

 土屋さんは8歳と5歳の2児を育てながら、地元・渋谷のNPO法人「代官山ひまわり」の事務局を務める。…

この記事は有料記事です。

残り2107文字(全文2383文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  2. ピラミッド違法登頂が動画投稿で発覚 デンマーク人カップル裸で抱き合う姿も 
  3. 世界の雑記帳 中国男性が自撮り中に高層ビルから転落死、国営紙は相次ぎ警鐘
  4. 中国、必死の反発 カナダに対抗策も ファーウェイCFO拘束 
  5. 悪ふざけ投稿 尻にポンプ車ホース…ツイートの消防士処分

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです