メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成という時代

第2部 この場所/4 渋谷・スクランブル交差点 多様性あふれる文化の発信地 育児・仕事、私が決める

スクランブル交差点に立つ土屋絵美さん。女子高生の頃から何度もここを歩いた=東京・渋谷で12日、根岸基弘撮影

安室さんに憧れ、生き方模索

 彼女が歌い出した途端、我慢していた涙が止まらなくなった。今年3月、安室奈美恵さん(41)の最後のアジアツアーがあった中国・深セン(しんせん)。土屋絵美さん(36)は9年ぶりに家事と育児、仕事を1日半休み、東京・渋谷から駆け付けた。国内のライブはチケットが手に入らなかった。デビュー間もない25年前からずっと「常に少し先を行くお姉さん」のように感じてきた。ダンスやファッションだけでなく、子育てしながら格好良く働く姿に憧れた。

 土屋さんは8歳と5歳の2児を育てながら、地元・渋谷のNPO法人「代官山ひまわり」の事務局を務める。…

この記事は有料記事です。

残り2107文字(全文2383文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮内庁 仁徳天皇陵を発掘へ 今月下旬から堺市と共同で
  2. 新聞協会 74紙に全面広告 Koki,さんがメッセージ
  3. 今どきの歴史 世界遺産候補 百舌鳥・古市古墳群(大阪府) 悩ましき被葬者論争
  4. オセロ 世界一に11歳の福地さん 歴代最年少
  5. ステルス戦闘機 ハリケーン直撃で大量に大破か 米国

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです