メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金言

チャーチルの別の顔=西川恵

 <kin-gon>

 英国の元首相ウィンストン・チャーチル(1874~1965年)は第二次大戦を戦い抜き、英国のみならず自由世界を守った指導者との評価が定着している。しかし植民地インドとの関係では別の顔があったことを最近出た本で改めて知った。

 「ガンディーとチャーチル」(アーサー・ハーマン著、田中洋二郎監訳、守田道夫訳、白水社)は、英国からの独立を求めて非暴力抵抗運動を指導したインドのマハトマ・ガンジー(1869~1948年)とチャーチルの長き政治格闘を描いた本だ。

 2人は1906年、最初にして最後の出会いをロンドンの植民地省でする。ガンジーは英領南アフリカで弁護…

この記事は有料記事です。

残り724文字(全文1009文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  2. ビルから鉄パイプが落下 通行人の26歳男性死亡 和歌山

  3. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  4. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  5. 鉄パイプ 工事現場で落下 歩行者頭に刺さり重体 六本木

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです