メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論点

日米関税交渉入り

畠山襄氏

 日米首脳会談で、農産品や工業品の関税などを話し合う「日米物品貿易協定(TAG)」交渉の開始が決まった。米国による自動車への追加関税は当面、発動されない見通しになったが、米国から農業分野で厳しい要求を突き付けられることも予想される。交渉入りへの評価は。また、日本は今後の交渉にどう臨むべきか。

論理曲げず主張せよ 畠山襄・国際貿易投資研究所理事長

 今回、合意した「日米物品貿易協定(TAG)」について、日本政府は、投資ルールやサービス分野も含めた「包括的な自由貿易協定(FTA)ではない」と説明しているが、分かりにくい。投資やサービスについてもやがて交渉することになるなら、これはFTAであるという説明に早く切り替えるべきだ。

 1988年に竹下登首相(当時)が訪米してロナルド・レーガン大統領(同)と会談した際、併せて非公式に…

この記事は有料記事です。

残り3538文字(全文3900文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「スリムクラブ」真栄田さんと内間さんを無期限謹慎処分 吉本興業、暴力団関係者パーティー出席で
  2. 暴力団関係のパーティー出席 スリムクラブ「認識、甘かった」コメント全文
  3. ブラジル大統領G20随行員 コカイン39キロ所持で拘束
  4. 「自分の子ども、LGBTでも全く構わない」英ウィリアム王子
  5. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです