メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
欧州ワイン

産地、じわり北上中 豊作のベルギー訪ねて

温暖化が影響か

 欧州のワイン産地がじわりと北上している。20年前には商業ベースのワイン造りがほとんど行われていなかったベルギーでは、この10年で生産量が4倍に伸びた。生産者や専門家が指摘するのは気候変動の影響だ。欧州を襲った今夏の熱波は、他の農作物に被害を出す一方、北部では醸造用ブドウが近年で最高レベルの豊作になると予想されている。収穫期を迎えた今月中旬、ベルギー南部オルシンのワイン生産者を訪ねた。【オルシン(ベルギー南部)で八田浩輔】

 首都ブリュッセルから車で南へ約1時間。フランス国境に近い田舎道を走るとワイン醸造会社「リュフス」の…

この記事は有料記事です。

残り2371文字(全文2641文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「エアドロップ痴漢」容疑、37歳男を書類送検 福岡

  2. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  3. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  4. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  5. 陸自試験で集団カンニング、45人停職 教官漏えい、写真撮りスマホで同僚に拡散

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです