メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

連邦最高裁判事 カバノー氏承認、不透明 上院委、告発女性の公聴会

 【ワシントン鈴木一生】米上院司法委員会は27日、トランプ米大統領が連邦最高裁判事に指名したブレット・カバノー氏(53)と、カバノー氏から1982年に性的暴力の被害を受けたと告発している女性の公聴会を実施した。トランプ政権は、保守派のカバノー氏の指名承認を早期に実現し、11月の中間選挙に向けて支持基盤にアピールしたい考えだ。

 しかし、カバノー氏の性的暴力疑惑を巡っては、次々と被害を訴える女性が出てきており、世論の反発と関心…

この記事は有料記事です。

残り997文字(全文1210文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 河井案里議員に「裏切られた」 車上運動員紹介の広島県議を任意聴取 広島地検

  2. まさに「雪乞い」 東京五輪の暑さ対策、少雪でピンチ 豪雪の南魚沼

  3. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  4. 首相、施政方針で「台湾」に言及 異例の演説、どよめきと5秒間の拍手も

  5. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです