メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

連邦最高裁判事 カバノー氏承認、不透明 上院委、告発女性の公聴会

 【ワシントン鈴木一生】米上院司法委員会は27日、トランプ米大統領が連邦最高裁判事に指名したブレット・カバノー氏(53)と、カバノー氏から1982年に性的暴力の被害を受けたと告発している女性の公聴会を実施した。トランプ政権は、保守派のカバノー氏の指名承認を早期に実現し、11月の中間選挙に向けて支持基盤にアピールしたい考えだ。

 しかし、カバノー氏の性的暴力疑惑を巡っては、次々と被害を訴える女性が出てきており、世論の反発と関心…

この記事は有料記事です。

残り997文字(全文1210文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 原因は果物のライチ?脳炎で子ども130人以上死亡 インド東部
  2. 堺市長選で選挙違反 元市議らを書類送検 法定外文書を1万枚配布疑い
  3. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に
  4. 吉本はコンプライアンス順守で瀬戸際に 「闇営業」金銭授受で11人謹慎処分
  5. 深田恭子 「ルパンの娘」“泥棒スーツ”姿披露 瀬戸康史らと決めポーズ サカナクションが主題歌

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです