メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

揺らぐ「戦後ドイツ」

/3 右派、架空の「物語」に共感 喪失感から独裁時代美化

「女性の自由を認めないイスラム教はドイツの一部ではない」と訴えるプラカードを掲げるAfD支持者=ベルリン中央駅前で5月

 「メルケル辞めろ!」。5月、排外的な右派政党「ドイツのための選択肢」(AfD)の幹部や支持者約5000人が、メルケル首相の退陣を求めてベルリン中心部をデモ行進した。AfDは、2015年以降、中東などから100万人以上の難民希望者を受け入れたメルケル氏に強く反発する。一方、この場にはAfDの排外主義に反対する人たちも多数集結し、激しくののしり合った。

 AfDのデモ隊に目立つのは旧東独州の人だ。東独民主化要求運動のスローガン「我々が国民(主権者)だ」…

この記事は有料記事です。

残り1003文字(全文1229文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 差別発言の長谷川豊氏、公認取り消しも 維新・松井代表が検討指示
  2. 全政府統計の6割強不適切 プログラムミス、ルール違反、公表遅延など
  3. 元フジアナの長谷川豊氏が差別発言 参院選擁立予定の維新は処分検討
  4. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  5. ペイペイ不正利用 愛知県警が全国初摘発 PCなど詐取 容疑で栃木の男逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです