メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ米大統領

「習主席、もう友達でないかもしれない」 「中間選介入」指摘

 【ワシントン高本耕太、北京・河津啓介】トランプ米大統領は26日の国連安全保障理事会で、中国が11月にある米中間選挙に介入を図っていると指摘、その後の記者会見で、習近平国家主席を「もう友達ではないかもしれない」とも述べ、貿易戦争が激化する中国を強くけん制した。

 トランプ氏は安保理で「中国は私や我々(共和党)に勝ってほしくない。私が貿易問題で中国に立ち向かった最初の大統領だからだ」と主張。「我々は貿易でも、あらゆるレベルで(中国に)勝っている」と強調した。中国…

この記事は有料記事です。

残り347文字(全文578文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  2. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  4. 最新鋭マシンか伝統の技か 開票どちらが早く正確か 近づく参院選本番
  5. がん検診誤通知で女性死亡 「要精密検査」を「異常認めず」と 岐阜市

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです