メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

生活保護

67%世帯で支給減額 食費・光熱費分 10月から

 生活保護のうち、食費や光熱費といった生活費に当たる「生活扶助」の支給額が10月から変わる。受給世帯のうち26%が増額となる一方、67%で減る。都市部の単身高齢者世帯や子どものいる世帯への影響が大きい。

 厚生労働省は5年に1度、一般の低所得層の消費支出額と比較し生活扶助を見直している。今回は2018~20年の毎年10月、3回に分けて見直す。現在の支給額と比べ今年10月に最大1・7%、20年に最大5%の減額となるケースがある。

 65歳以上の単身世帯の76%、子どものいる世帯の43%で引き下げられる。

この記事は有料記事です。

残り401文字(全文652文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仕事の現場 声優 野沢雅子さん 業界の先駆者 地位改善運動も
  2. 年金質問箱 Q 厚生年金加入条件、会社によって違う?=回答者・年金問題研究会代表 秋津和人
  3. WEB CARTOP ここまで課税するか! 多すぎる自動車関連の税金種類とその用途とは
  4. 年金質問箱 Q 働いて厚生年金加入 受給額いくら減るか=回答者・年金問題研究会代表 秋津和人
  5. 粗悪学術誌 投稿の准教授「査読素通り」 背景に教授圧力

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです