メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

経済観測

祈りとともにあるサンマ=気仙沼ニッティング社長・御手洗瑞子

 サンマが水揚げされること、そのサンマが食卓にのぼることが、これほどうれしいことだとは、かつて私は知らなかった。

 気仙沼では、昨年サンマが歴史的不漁だった。今年も今月上旬はなかなか水揚げがなく皆やきもきしたが、先週ようやく立派なサンマが水揚げされた。その日はたくさんの人が喜び勇んでサンマを買いに走り、夜はあちこちの家からサンマを焼く匂いがした。翌日は、会う人会う人「昨日サンマ食べました?」「もちろん。おいしかったですね!」と満面の笑みで話題にした。

 気仙沼の人にとってサンマの水揚げがこれほどうれしいのは、おいしいサンマを手ごろな価格で食べられるからだけではない。サンマが水揚げされれば市場関係者は潤い、魚屋は活気づき、水産加工会社は原料を確保できる。飲食店やホテルも売り物ができてほっとする。逆に不漁であれば皆苦しい。港町である気仙沼において、サンマがとれるか否かは、多くの人の暮らしに直接的に影響する。それでいて不確実性も伴うからこそ、「大漁祈…

この記事は有料記事です。

残り276文字(全文702文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  2. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  3. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  4. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

  5. コロナ社会を考える コロナ禍にこそ文化芸術は不可欠だ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです