メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

皇室

両陛下、地方知る機会に 最後の国体出席で福井入り

第44回の国体開会式で選手団の入場行進をご覧になる天皇、皇后両陛下=札幌市の札幌市厚別公園競技場で1989年(平成元年)9月

 天皇、皇后両陛下は28~30日に福井県を訪問し、第73回国民体育大会の開会式に出席される。都道府県が持ち回りで開催する国体は、両陛下にとって各地方の様子を知る貴重な機会ともなっていた。来年4月末の退位を控え、国体の出席は今回が最後となる。

 国体は「戦後の混乱の中、スポーツを通じて国民に希望を」と1946年に京都府などで始まった。昭和天皇は第2回(石川県)から出席し、第4回(東京都)からは昭和天皇と香淳皇后が出席するようになった。

 天皇陛下が即位した89年からは、93年の第48回(徳島、香川両県)を皇后さまが体調不良で欠席した以…

この記事は有料記事です。

残り334文字(全文601文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  2. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  4. 見知らぬ男に傘で目突かれる 目黒駅前で 男性失明の恐れ 警視庁捜査
  5. 1人の女性に狙いか 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです