メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

「簡単にもうかる」疑って

ケフィア事業振興会の被害対策弁護団が開いた説明会には多くの被害者が詰めかけた=東京都千代田区で

 「1口5万円で、半年後に5万5000円に」「毎月30万円以上稼げる」と、簡単にもうかるかのように勧誘して金品をだまし取る悪質商法。警察庁によると、2017年、出資法や特定商取引法違反の疑いで検挙した事案の被害額は282億円にも上る。自衛策はあるのだろうか。

 ●出資募り破産

 「老人ホームの頭金用のお金だった。ちょっと増やそうと思ったのに、なくなってしまって……」。「オーナー制度」と称して客から多額の金を集め、9月に破産手続きが始まったケフィア事業振興会(東京都千代田区)に460万円を払った神奈川県の女性(81)はそう話した。利息が良いと6年ほど前に始め、信用していたという。埼玉県の女性(66)も「プラスアルファ(の利息分)に目がいってしまって」契約した。契約すると送られてくる干し柿や菓子が気に入って信用したとの声も出ている。東京都の女性(82)は「歌舞伎や旅行に招待され、利益が上がっていると思っていた。だまされた」と憤る。

 ケフィアの商法は、加工食品のオーナー制度という「看板」を掲げているが、「客から金を預かり、約半年後…

この記事は有料記事です。

残り1787文字(全文2254文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  2. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  3. 怒る国民、焦る習主席 力任せの「武漢封鎖」に国内で摩擦も 新型肺炎

  4. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

  5. 賞品の高級車渡さずMXテレビ謝罪 企画会社と「連絡取れない状況」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです