メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

神戸市職員労働組合

専従期間、10人超過 退職手当過払いも

 神戸市は27日、市職員労働組合(市職労)などの労組役員10人が、法定の上限期間(7年)を超え、最長約20年にわたって組合活動に専従していたと発表した。いずれも退職者で、うち6人は退職手当が専従期間を含めて算定され、過払いになっていた。過払い額は計約3000万円に達するといい、市は返還請求を検討している。

 勤務時間内に正規の手続きを踏まず組合活動を行う「ヤミ専従」の発覚を受け、市が1997年度以降に在職…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害
  2. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  3. 突然の幕切れに関係者困惑 「真相解明の道閉ざされた」 寝屋川中1殺害
  4. 元徴用工訴訟 日本じらされ「法的措置」 政府間協議要請 外交問題化、誤算
  5. 寝屋川中1殺害 母親証人尋問「天真らんまんな優しい子」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです