メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北本市観光協会

金色のトマトジュースを商品化

埼玉県北本市観光協会が製造・販売したトマトジュース「金のひとしずく」=北本市古市場2の「リストランテ ビスティ」で、中山信撮影

 埼玉県の北本市観光協会が、市特産のトマトだけを使った1本(500ミリリットル)2800円(税込み)の高級トマトジュース「金のひとしずく」の販売を始めた。同協会は「北本トマトカレーのレトルト製品に次ぐヒット商品にしたい」と意気込んでいる。

     同協会によると、同市古市場2のイタリア料理店「リストランテ ビスティ」が提供している金色のトマトジュースは、美しい見た目と凝縮された味で人気があり、北本土産などとして商品化を望む声が出ていた。

     このため、協会が同店やトマトの生産農家などと連携し、小鹿野町の農業生産法人「大平戸農園」に委託して7月に「金のひとしずく」を300本製造。9月20日から同協会と同店で販売している。

     北本産の大玉トマトを1本につき5個使い、日本酒の伝統的な「雫しぼり」製法で一滴ずつしたたり落ちるトマトのエキスを抽出。今年の製造分は収穫末期のトマトを使ったため酸味が適度にあるすっきりとした味となったが、初夏までに収穫したトマトを使えば濃厚で甘みが強い味になるという。同協会は来年以降、収穫時期やトマトの種類を変えながら、さまざまな味の「金のひとしずく」を製造する予定だ。

     問い合わせは同協会(048・591・1473)。【中山信】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 初公開 長男亡くした悲しみ 中原中也直筆の喪中はがき
    2. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
    3. 訃報 穂積隆信さん 87歳=俳優 「積木くずし」執筆
    4. 群馬・高崎 石灯籠の下敷きに、中学生死亡
    5. 祖父母殺傷 少年「生徒に殺意。迷惑避け、まず家族を」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです