メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

「苦しみなくならない」小島さん陳述 札幌地裁

 旧優生保護法(1948~96年)下の強制不妊手術は幸福追求権などを保障する憲法に反していたとして、19歳で手術されたという札幌市の小島喜久夫さん(77)が国に1100万円の慰謝料を求めた訴訟の第1回口頭弁論が28日、札幌地裁(岡山忠広裁判長)であった。国側は「不法行為への賠償制度を定めた国家賠償法がある」として、違憲性についての見解を示さないまま請求の棄却を求め、争う姿勢を示した。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  2. 札幌市が水道料金6140万円と誤通知 本来の6696円の9100倍
  3. 女子高生とのわいせつ動画 ネット公開容疑で男逮捕 4000万円収入か
  4. SNSで自分の裸の画像や動画販売容疑 15~17歳の少女3人を書類送検 福岡県警
  5. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです