メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

給食アレルギー

自動検出アプリ 福岡の医師らが開発

アプリで配信される献立情報のメールの画面

 食物アレルギーのある子供を持つ親は、給食の献立のチェックが大変--。そんな負担を軽減し、誤食による事故を防げればと、福岡市の医師らが市立小学校の給食の献立から27種類のアレルギー原因物質(アレルゲン)を含む品目を自動検出するアプリを開発した。

 アプリは「スマイル給食リンクシステム」で、福岡市の医師やアレルギー患者らで作る「福岡食物アレルギーネットワーク」(代表世話人・柴田瑠美子医師)が作った。地域ごとに5パターンある市立小学校の毎月の献立情報が組み込まれており、アレルゲンを含む品目を自動検出する。

 利用者は学校や児童名、牛乳や卵など注意が必要な食材を登録。日付をクリックすると献立が表示され、アレ…

この記事は有料記事です。

残り524文字(全文826文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米朝首脳「そっくりさん」大阪入り 「サミット成功願うよ」
  2. 埼玉県に9200万円賠償命令 訓練中の機動隊員溺死
  3. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  4. 韓国軍の竹島訓練に外務省抗議「あきれるほど無神経」
  5. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです