メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日米首脳会談

日本主張「農産物はTPP水準」 米は尊重

TAG FTA TPP

日米、関税交渉へ 車発動は当面回避

 【ニューヨーク中井正裕、清水憲司】日米両政府は26日(日本時間27日未明)、ニューヨークで開いた首脳会談で、農産物や工業品の関税を相互に引き下げる「日米物品貿易協定(TAG)」の締結に向けて、2国間交渉に入ることで合意した。両首脳は、米国が検討する自動車・同部品の輸入制限について「交渉中は発動しない」ことを確認。また、日本の農林水産品関税引き下げについて、米側は「環太平洋パートナーシップ協定(TPP)の水準が最大限」とする日本側の主張を尊重する意向を示した。

 TAGは日米相互にモノの関税の撤廃・引き下げを行う協定。日本とオーストラリアやメキシコなど11カ国によるTPPや日本と欧州連合(EU)との経済連携協定(EPA)のように、投資ルールやサービス分野を含めた包括的な自由貿易協定(FTA)とは異なる。日本が関税協定に絞った通商交渉を行うのは異例だ。交渉開始は年明けになる見通し。両国は関税交渉の終了後に投資ルールやサービス分野の交渉も行う方針で、将来的に…

この記事は有料記事です。

残り508文字(全文957文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 保健師団体、感染症法改正に反対声明 「罰則は症状隠す行動につながる」と懸念

  2. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. 50代中年ウーバー配達員の奮闘、苦悩 「感謝と複雑な思いと…」

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです