メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
国連安保理

トランプ氏「中国が中間選挙介入を図る」

国連安全保障理事会で発言するトランプ米大統領(右)=AP

習近平国家主席について「もう友達ではないかもしれない」

 【ワシントン高本耕太、北京・河津啓介】トランプ米大統領は26日の国連安全保障理事会で、中国が11月にある米中間選挙に介入を図っていると指摘、その後の記者会見で、習近平国家主席を「もう友達ではないかもしれない」とも述べ、貿易戦争が激化する中国を強くけん制した。

 トランプ氏は安保理で「中国は私や我々(共和党)に勝ってほしくない。私が貿易問題で中国に立ち向かった…

この記事は有料記事です。

残り501文字(全文708文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  2. 「和牛」実は交雑種…兵庫の焼肉店 卸元が偽装か、告訴検討

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  5. 防衛相、GSOMIA破棄の「間隙突いた」 北朝鮮弾道ミサイル

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです