メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東大

「民間試験必須とせず」発表 高校教員から歓迎の声

2020年度に始まる大学入学共通テストで、英語の民間資格・検定試験の活用方法について説明する福田裕穂副学長(左)=東京都文京区の東京大学本郷キャンパスで2018年9月27日午前11時21分、金秀蓮撮影

 東京大学は27日に記者会見を開き、2020年度に始まる大学入学共通テストの英語で導入が決まった民間資格・検定試験について、受験者からの成績提出を必須としないとする基本方針を正式発表した。福田裕穂副学長は「民間試験の活用は、地域や経済的な格差によって受験機会が左右されるなどの課題が残る」と指摘した。

 国立大学協会は既に受験生全員に従来のマーク式試験と民間試験の両方を課すガイドラインを発表しており、他大学の判断に影響を与えることが必至となった。

 福田副学長は20年度入試の出願要件に、民間の英語試験の成績を6段階で評価する国際指標「CEFR」(…

この記事は有料記事です。

残り597文字(全文870文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京「寝耳に熱湯」「今さらないでしょう」 札幌「驚き」「ありがたい」 五輪会場変更検討

  2. 「4日間風呂に入っていない」 浄水場水没・損壊、断水続く 栃木

  3. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  4. 神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

  5. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです