メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中教審

教員時間外、月45時間案了承 罰則なく疑問視も

文部科学省=東京都千代田区霞が関で

 教員の働き方改革について議論する中央教育審議会(中教審)の特別部会は27日、時間外勤務の上限の目安を月45時間とするガイドライン(指針)の案を大筋で了承した。勤務時間を抑制する狙いがあるが、指針には違反した場合の罰則はなく、現場で実行されるか疑問視する声もある。

 指針案では時間外勤務の上限を、政府主導で6月に成立した働き方改革関連法に準じて「月45時間、年360時間」と設定した。

 同法の上限規制は罰則が設けられたが、指針にはない。この点について「(指針を)実効性のあるものにする…

この記事は有料記事です。

残り358文字(全文600文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  2. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  3. 余録 アニメーションの工程に「原画」「動画」「仕上げ」「背景画」などがあるのを…
  4. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  5. 公取委ジャニーズ注意 テレビ局と芸能事務所の不均衡な関係にくさび

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです