メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南海トラフ

「ちきゅう」で掘削調査へ 断層岩石を採取

海底を掘削する地球深部探査船「ちきゅう」=海洋研究開発機構提供

 南海トラフ地震の詳細な発生メカニズムを解明して地震の予測研究に役立てようと、海洋研究開発機構は27日、来月7日から約半年間、紀伊半島沖で地球深部探査船「ちきゅう」を使った掘削調査を行うと発表した。これまでで最も深い海底下約5200メートルまで掘り、世界で初めてプレート境界の震源断層の岩石を直接採取する。

 南海トラフは東海地方から紀伊半島、四国にかけての南方沖合の海底にある溝状の地形(トラフ)。付近では…

この記事は有料記事です。

残り406文字(全文609文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  2. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  3. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです