メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南海トラフ

「ちきゅう」で掘削調査へ 断層岩石を採取

海底を掘削する地球深部探査船「ちきゅう」=海洋研究開発機構提供

 南海トラフ地震の詳細な発生メカニズムを解明して地震の予測研究に役立てようと、海洋研究開発機構は27日、来月7日から約半年間、紀伊半島沖で地球深部探査船「ちきゅう」を使った掘削調査を行うと発表した。これまでで最も深い海底下約5200メートルまで掘り、世界で初めてプレート境界の震源断層の岩石を直接採取する。

 南海トラフは東海地方から紀伊半島、四国にかけての南方沖合の海底にある溝状の地形(トラフ)。付近では…

この記事は有料記事です。

残り406文字(全文609文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. ORICON NEWS はあちゅう氏が第1子男児出産「力を合わせて育てていきたい」 しみけんがパパに

  4. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです