メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京都豊島区

パトロール員が翻訳機携帯 路上喫煙防止

路上喫煙防止などの合同パトロールに出発する東京都豊島区の高野之夫区長(前列中央)ら=同区南池袋1の池袋駅東口交番「ふくろう交番」前で、2018年9月20日午後2時55分、福沢光一撮影

 東京都豊島区は来年1月から、池袋駅周辺での外国人の路上喫煙・ポイ捨て対策として、英語、中国語、韓国語などの多言語音声翻訳機を活用する方針を打ち出した。路上喫煙やポイ捨てを注意するパトロール員に、相手の外国人の言葉も日本語に翻訳される「双方向機能」を持つ音声翻訳機を携帯してもらい、喫煙ルールを呼び掛ける。音声翻訳機を活用した路上喫煙対策は都内で初めて。

 同区は2011年、「路上喫煙・ポイ捨て防止条例」を施行。喫煙エリアを除く区内全域の路上喫煙・ポイ捨てを原則禁止にした。パトロール員が池袋駅周辺で注意を呼び掛け、路上喫煙率は11年度の1万人当たり1日17人に対し、17年度は3人に減少した。一方、同年度は計3万669件の路上喫煙を注意しており、パトロール員の感覚では、約3割が外国人だったという。

この記事は有料記事です。

残り249文字(全文599文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共通テスト、マスクから鼻出して「失格」 監督者の注意に従わず

  2. 感染症と闘う 新型コロナ/6 マスク着用に一定の効果

  3. 「その気になればできる」 国産長射程ミサイルに込められた「隠れた狙い」とは

  4. お年玉付き年賀はがきの当選番号決まる 賞品引き換えは7月20日まで

  5. 横浜から鳥取までタクシー代23万円不払い 詐欺容疑で逮捕 鳥取県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです