メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高校無償化訴訟

朝鮮学校側逆転敗訴 政治、生徒を翻弄

垂れ幕を掲げる弁護士の後ろで肩を落とす大阪朝鮮高級学校の生徒たち=大阪市北区の大阪高裁前で2018年9月27日午後3時6分、小出洋平撮影

高校無償化訴訟、大阪朝鮮学園側逆転敗訴

 高校無償化は教育の機会均等を目的に導入されたが、朝鮮学校は8年間にわたって除外されてきた。生徒らは日朝関係や政治の思惑に翻弄(ほんろう)され続けている。

 2010年4月、当時の民主党政権が「すべての意志ある若者が教育を受けられる」として制度を導入した。大阪朝鮮学園は同年11月に無償化の指定を申請したが、直前に北朝鮮による韓国砲撃事件が発生。審査は止まり、結論…

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文502文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック開催判断「期限は5月下旬」IOC委員 新型コロナ感染拡大で

  2. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  3. 新型コロナの影響で旅館が経営破綻 愛知の「冨士見荘」が破産申請 キャンセル相次ぐ

  4. 新型コロナ対応「先手先手だと思いますよ。しっかりやっている」 菅官房長官会見詳報

  5. 強い感染力、基礎疾患で重症化…新型コロナの「非常にやっかい」な特性 政府の課題は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです