メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
号外桃田が2連覇、男子単日本初 バドミントン世界選手権
デーリー通信

(22)改めて考えるウィリアムズの「爆発」とブーイング

全米オープンテニスの女子決勝前のセレモニーではコート一面に星条旗が広げられた=米ニューヨークで2018年9月8日、長野宏美撮影

 9月8日にニューヨークであった全米オープンテニスの女子決勝は、大坂なおみ(20)の初優勝とともに、対戦相手の米国人セリーナ・ウィリアムズ(37)の振る舞いが注目を浴びた。私は、勝敗を分けた試合のポイントなどを「全米制覇は大坂の序章 元プロ記者観戦記」に書き、ウィリアムズの振る舞いが生んだ騒ぎについては、コラム「記者の目」で「規則に忠実過ぎた主審」と意見を述べた。ウィリアムズの「爆発」と観客のブーイングについて、時間を置いて改めて考えてみた。

 試合前のセレモニーから米国らしさ一色だった。全米オープン女子シングルス決勝。約2万3000人を収容…

この記事は有料記事です。

残り5021文字(全文5294文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

長野宏美

2003年入社。水戸支局、社会部、外信部を経て2015年4月から現職。社会部時代は警察庁や裁判員裁判などを担当。2008年の北京五輪を現地で取材した。元プロテニスプレーヤーで、1995年全日本選手権シングルス3位、ダブルス準優勝。ウィンブルドンなど4大大会にも出場した。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 無党派層からの支持、大野氏は6割 青島氏は3割 埼玉知事選出口調査

  3. トランプ米大統領「まもなく最大規模の対日協定に合意する」

  4. 国民・大野参院議員 埼玉県知事選出馬へ 離党し無所属で

  5. 上田知事「埼玉県は強い」 「翔んで埼玉」出演陣が「ディスりを謝罪」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです