メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「新芸」とその時代

(48)シュヴァルツコップをめぐる「事件」

初来日時の記者会見に出席したエリーザベト・シュヴァルツコップ=1968年4月18日撮影

初来日までの長い道のり

 今から半世紀前の1968年4月5日、東京文化会館は開演を待つ音楽ファンの静かな熱気に包まれていた。午後7時、20世紀を代表するソプラノ歌手の一人で、「ドイツ・リート(歌曲)の女王」と称されたエリーザベト・シュヴァルツコップが、淡いピンク色のドレスに身を包み、当たり役であるリヒャルト・シュトラウスの歌劇「ばらの騎士」のマルシャリン(元帥夫人)さながらのあでやかな姿でステージに現れると、客席から割れんばかりの拍手がわき起こった。長い曲折の末にようやく来日公演が実現し、招請元の新芸術家協会(新芸)・西岡芳和社長は、万感の思いで嵐のような拍手に聴き入っていた。

 シュヴァルツコップは1915年、現ポーランドのヤロチン生まれ。ベルリン音楽大学で学び、38年にベル…

この記事は有料記事です。

残り2887文字(全文3229文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  3. 半グレ集団「モロッコ」幹部を風営法と労基法違反容疑で逮捕 深夜に少女働かせた疑い 大阪府警

  4. 3分でわかる政治の基礎知識 眞子さま、佳子さまは… 配偶者や子どもも皇族?女性宮家

  5. 実は飲食物が予算案の3.5倍だった「桜を見る会」の「国会軽視」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです