メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「新芸」とその時代

(48)シュヴァルツコップをめぐる「事件」

初来日時の記者会見に出席したエリーザベト・シュヴァルツコップ=1968年4月18日撮影

初来日までの長い道のり

 今から半世紀前の1968年4月5日、東京文化会館は開演を待つ音楽ファンの静かな熱気に包まれていた。午後7時、20世紀を代表するソプラノ歌手の一人で、「ドイツ・リート(歌曲)の女王」と称されたエリーザベト・シュヴァルツコップが、淡いピンク色のドレスに身を包み、当たり役であるリヒャルト・シュトラウスの歌劇「ばらの騎士」のマルシャリン(元帥夫人)さながらのあでやかな姿でステージに現れると、客席から割れんばかりの拍手がわき起こった。長い曲折の末にようやく来日公演が実現し、招請元の新芸術家協会(新芸)・西岡芳和社長は、万感の思いで嵐のような拍手に聴き入っていた。

 シュヴァルツコップは1915年、現ポーランドのヤロチン生まれ。ベルリン音楽大学で学び、38年にベル…

この記事は有料記事です。

残り2887文字(全文3229文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. グルメ 機動戦士ガンダム40周年記念!ガンダムオフィシャルカフェ『GUNDAM Café』が大阪・道頓堀の大地に立つ!(GetNavi web)
  2. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  3. NGT48暴行問題 山口さん反論にAKS、弁明に追われ 第三者委報告受け会見
  4. NGT48暴行問題会見 一問一答
  5. タイで覚醒剤300万人使用か 押収量過去最高、日本にも流出

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです